極力抜かない削らない治療|品川区大崎駅|大崎スクエア歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

極力抜かない削らない治療

天然歯の保存にこだわった極力抜かない・削らない治療

極力抜かない・削らない治療

大崎スクエア歯科では、生涯を天然歯で生活していただくことを目指し、日々診療を行っております。こちらでは、天然歯を極力抜かない・削らないために当院が実施している対策や取り組みについてご紹介いたします。

できるだけを歯を抜かないための対策・取り組みについて

虫歯や歯周病が重症化すると、歯を失う可能性が高くなります。全ての症例において必ずしも歯を保存できるわけではありませんが、症状に適した処置を実施し、抜歯の回避に努めております。

拡大視野下での精密根管治療

精密根管治療

歯の神経にまで虫歯が進行した場合は、歯の内部にある感染物質をきれいに取り除き、殺菌・密封する根管治療によって、症状の改善を図ります。歯の内部は狭くて、暗いため、歯科拡大鏡を用いた拡大視野の下で精密な処置を実施し、再発リスクの軽減、抜歯の回避に努めております。

MTAセメントを用いた覆髄処置

MTAセメント

神経の近くまで虫歯が進行した場合、切削時に神経が露出することがあります。そのような場合、通常は神経を取り除くことになりますが、神経がなくなった歯は脆くなり、将来的な抜歯リスクが高くなってしまいます。そのため、当院では殺菌効果の高いMTAセメントで神経を保護し、できるだけ神経を保存するよう努めております。

ラバーダムによる細菌対策

ラバーダム

口腔内には多数の細菌が存在するため、根管治療などを行う際は、ラバーダムというゴム製のシートで治療する歯を口腔内環境より隔離します。殺菌した歯の内部に細菌を含む唾液等が侵入するのを防ぐことで、治療後の再発率、将来的な抜歯リスクを軽減いたします。

歯根端切除術の実施

歯根端切除術

歯根の先端部分に細菌が感染し、膿が溜まる根尖病変は、通常の根管治療では改善が難しく、抜歯となる場合があります。そのような場合には、感染した歯根の切除と溜まった膿を摘出する歯根端切除を実施し、抜歯の回避を試みます。

エクストルージョン

エクストルージョン

度重なる歯の切削や事故などで歯の大部分を失い、歯茎より上に歯質が残っていない場合は、かぶせ物が安定しないため、抜歯と診断されることも少なくありません。そのような場合には、エクストルージョンという矯正処置によって歯茎の下に残っている歯を引っ張り上げます。歯茎より上に十分な歯質を獲得し、かぶせ物との安定性を高めることで抜歯を回避します。

親知らずの移植(自家歯牙移植)

親知らずの移植

やむを得ず抜歯となった際、お口の中に健康な親知らずがある場合は自家歯牙移植による咬み合わせの回復をご提案いたします。親知らずを欠損部分に移植するこの治療法は、インプラントや入れ歯などの人工物に比べて親和性が高く、これまでと変わらない感覚で生活していただけます。また特別なケアやメンテナンスも必要ないため、おすすめの治療法です。

拡大鏡を用いた精密な歯石除去

歯石除去

抜歯原因1番の歯周病から大切な歯をお守りするためには、口腔内を清潔に保つことが重要です。当院では、拡大鏡を用いて精密な歯石除去を心がけています。歯間や歯周ポケット内を目で確認しながら、精度の高い処置を実施いたします。

歯周外科治療

歯周外科治療

歯周病が進行して歯周ポケットが深くなると、器具が届かず、内部の状態がしっかりと確認できなくなるため、歯周外科治療を実施いたします。歯根部分の歯茎を切開して歯周ポケット内を目で見える状態にし、感染歯肉の切除や歯石を取り除き、症状を改善します。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

歯周病が進行すると、歯を支える骨や歯茎が溶かされるため、歯がグラグラと動くようになります。さらに症状が悪化すると最終的に歯が抜け落ちてしまうため、歯周組織再生療法を実施いたします。成長因子を含むエムドゲインゲルによって、歯周組織の再生を促し、もう一度歯をしっかりと支えられる状態へと改善します。

根本治療の実施

根本治療の実施

大崎スクエア歯科・矯正歯科では、痛いところや違和感があるところだけを治す対症療法ではなく、口腔内全体の健康を考慮した根本治療を心がけています。口腔内環境が悪くなる根本的な原因を解消することによって、虫歯や歯周病の発症・悪化を防ぎ、抜歯リスクの軽減に努めております。

できるだけを歯を削らないための対策・取り組みについて

一度削った歯は元に戻ることはありません。当院では少しでも歯の寿命を延ばすため、様々な対策・取り組みを行い、歯の切削量の軽減に努めております。

拡大視野での精密な切削

拡大視野

肉眼の数倍まで視野を拡大できる拡大鏡を使用し、精密な切削を心がけております。歯間などの細部までしっかりと目で確認しながら、健康な歯質と虫歯感染歯質を見極め、精度の高い処置を実施いたします。

う蝕検知液による染め出し

う蝕検知液

虫歯治療の際には、虫歯感染歯質に着色するう蝕検知液を使用します。虫歯部分を染め出すことによって、健康な歯質との境目を視認しやすくなるため、無駄な切削を抑えることができます。

3Mix-MP法®

3Mix-MP法®

3Mix-MP法®は3種類の抗菌剤を使用し、虫歯菌の不活性化・溶けた歯質を修復する再石灰化を促進することによって、虫歯の進行を防ぎます。必要最低限の切削で治療ができるため、歯質を多く残すことができます。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

歯を削った後は、ダイレクトボンディングによる修復を心がけております。ダイレクトボンディングは歯科用の樹脂を欠損部分に盛り、その場で形態を整える方法で、歯の切削量を最小限に抑えることができます。型取り→製作という工程がないため、当日に治療が完了することも特徴です。

エキスカによる丁寧な切削

エキスカ

虫歯になった歯は軟化するため、全ての処置をドリルで行うと健康な歯質まで削ってしまう可能性があります。そのため、細部や仕上げの処置ではエキスカベーターという手動の機器を使用し、丁寧に虫歯を取り除くようにしています。

予防歯科診療の推奨

予防歯科診療

歯質を残す1番有効な方法は、虫歯や歯周病にならないよう「予防」に取り組むことです。お口を健康な状態で保つことができれば、歯を抜くことも削ることも必要ありません。当院では、定期検診・定期クリーニングを呼びかけ、予防の習慣化に取り組んでおります。

大崎で天然歯の保存に努めた低侵襲な歯科治療をご希望の方へ

低侵襲な歯科治療

大崎スクエア歯科・矯正歯科では、いつまでもご自分の歯で生活していただけることを目指し、できるだけ歯を抜かない・削らないことをモットーに日々診療に取り組んでおります。大崎にて天然歯の保存に努めた低侵襲な歯科治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る