スタッフ紹介|品川区大崎駅|大崎スクエア歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

スタッフ紹介

院長 西岡 祐

院長

私の父、祖父は歯科医師で、私が幼い頃から歯科医療が身近にある環境で育ちました。父の背中を見て、歯科医師という仕事に興味を持ったきっかけでもあります。当時から父は、子供の私に歯科医師という仕事の面白さややりがいを話してくれ、そして子供の目から見ても本当に楽しそうに仕事をしていました。そんな姿にいつしか強い憧れを持ち、大きくなるにつれ、ごく自然に歯科医師になる道を選んでいました。

院長

免許取得後、大学病院での経験を経て、私は個人開業の歯科医院で働くことになりました。実際に歯科医療現場に立ってみると、子供の頃に描いていた楽しさややりがいを感じることができた一方で、自分自身が専門的な知識を得たからこそ分かる父の凄さ、技術的な面だけでなく、一人の大人としても更に深く尊敬の念を抱きました。

それは、自分が父と同じ年齢になった時、同等の技術や患者さまからの信頼を得ることができるのかと考えると、少し不安になるほどでした。それと同時に、自分に経験が積み重なっていく中で、「自分なりの、自分にしかできない医療を提供したい」という思いが強まりました。

そのためには、自分で選んだ場所で、自分で責任を持った環境が必要と考え、様々な方のご支援をいただき開業させていただく運びとなりました。

院長私は口腔外科が得意です。親知らずの抜歯や歯周外科手術、インプラントオペなどは数多く経験してきました。

口腔外科が得意になったのは、資格取得後6年間、外科手術の勉強会に参加し、スキルに長けた先生方のもとで過ごした経験が大きく影響しています。はじめは緊張感のある現場で、大変な思いもたくさんしましたが、歯科の世界は経験が何よりの財産となるので、今思い返せば貴重な時間でした。

大崎スクエア歯科・矯正歯科では、患者さまの理解と納得をとても大切にしています。一見すると当たり前のことですが、実際にはなかなか形になっていないことも多くあります。

院長今現在も日本ではたくさんの歯科治療が行われていることでしょう。その品質や満足度を少しでも高く保つために、患者さま自身が治療を選べること、本心から納得できていることは何よりも優先すべきことだと思います。

また、治療をする側がされる側の気持ちをわかっているかも重要です。される側の気持ちを汲んだ提案、一方通行にならないよう、コミュニケーションを通して、本当に必要な治療を必要な分だけ提供したいです。

以前、ある患者さまにインプラント手術をさせていただきました。その方は歯医者さんが嫌いで、はじめはインプラントもやむを得ず選ばれたという印象でした。

サンプルイメージしかし、治療を終えてしばらくすると「インプラントがこんなに良いものだと思っていなかった」と言っていただき、大変満足していただけました。

ご本人は未だに歯医者さんが嫌いだとおっしゃっていますが、「先生が診てくれるから仕方なく来てるんよ」と言っていただけました。あの時は言い表しようのない嬉しさがありました。

これからも同じように、安心して通っていただける患者さま、ファンになっていただける患者さまが増えてくれたらとても嬉しく思います。

略歴

所属・資格

研修・勉強会

副院長 金子 昴史

副院長 金子

私は小さい頃から人を喜ばせるのが好きでした。歯科医療を志したのは人を笑顔にしたいからです。誰でも笑顔が1番素敵です。その笑顔をより綺麗に美しくできる。そんな事ができる仕事なので志しました。

そんな私も自分自身が楽しむ事も好きで、休日は趣味に没頭してます。 趣味はサッカー、スポーツ観戦、歴史です。 海外サッカーやプロ野球をよくTV観戦します。

副院長 金子大学時代はサッカー部でした。サッカーをすることは好きですが、最近は機会が減ってきてますので、代わりに近所をランニングしています。

ランニングをすると、メンタルが落ち着いて考えもスッキリしますし、思いがけない発見があったりして「もう少し走ろう」という気持ちがでてきます。

歴史も好きです。もちろんよく観戦するスポーツの歴史を知るのも好きですけど、好きな楽しみ方は戦国時代のifの歴史を勝手に想像しながらロマンに浸る方法です。 あと出先で気になった地名の由来などを調べたりして、物事の繋がりが見えてくると面白いです。

副院長 金子次は診療について話します。 私の診療において基本スタンスがあります。 “ベストを尽くす事” これは自分自身がベストを尽くすという事と、患者さまに合ったベストな治療法をよく話し合い、導いていく事です。

例えば、歯が虫歯になり、被せ物になってしまった際、患者さまが材質を銀かセラミックのどちらかで迷っていたとします。

この場合、それぞれの材質の利点・欠点、治療後の展望、今後の治療予定部位、患者さまの生活・仕事など、患者背景をよく話し合い相談した上でベストな治療方法を決めていきます。それにより患者さまもより理解し、自身の歯への関心を深めることができ、納得のいく治療を受ける事ができます。

副院長 金子 1つ目はセレックでの治療が受けれることです。 セレックとは最新鋭のデジタル歯科治療のことで、虫歯治療したその日にオールセラミックの被せ物が完成し、付けて帰る事ができます。

セラミックは付けてから、10年で9割が何も異常なく経過を辿ると言われてます。 これからもニーズの高い治療であるオールセラミックを是非、セレックで御検討してみて下さい。

サンプルイメージ

続いて2つ目に矯正治療を受けながら、一般治療もすぐアプローチ出来ることです。矯正専門医と治療計画を相談しながら治療を進めるので、矯正治療中で難しいとされる一般治療も行うことができます。

最後に歯や修復物の”longevity (長期予後)”を考え、患者さま固有の治療法を御提案し、満足して頂ける診療を目指し精進を重ね、邁進していきますので、よろしくお願いします。

略歴

所属・資格

日本矯正歯科学会認定医 浅野 卓也

歯科技工士

大崎スクエア歯科•矯正歯科にて矯正専門医師として矯正治療にあたらせていただいている浅野と申します。矯正治療を専門として20年以上がたちます。

日本矯正歯科学会認定医 浅野大学病院時代から「歯並びを美しくする」ことはもちろん、「かみ合わせを正しくすること」「歯を永く健康に保てる状態にすること」をテーマとして矯正歯科治療に従事し、臨床経験を培ってきました。

当院ではこの理念のもと、3Dシミュレーションを用いたオーダーメードの裏側矯正ブラケットをいち早く取り入れ、より早くキレイな矯正を実現するインダイレクトボンディング法を行っております。

同様に非抜歯にて最新のマウスピース矯正も行っており、様々な方法で治療結果に妥協のない診療体制を整えております。

また、治療費や治療期間、矯正治療における痛みなど分からない事はなんでもご相談ください。

日本矯正歯科学会認定医 浅野矯正治療は期間が長いため、治療ごとに毎回、しっかり治療内容を説明させていただきます。ご不安なことがあれば気軽に声をかけていただき、話し合って最善をつくしましょう。

スタッフ一同、責任ある誠実な姿勢で治療に臨んでいます。 どうぞかみ合わせや歯並びでご不安やご心配なことがございましたら、ご相談にお越しください。

略歴

所属・資格

研修・勉強会

トップへ戻る