叢生の矯正治療例(上裏側/下表側・期間2年・20歳)|品川区大崎駅|大崎スクエア歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

叢生の矯正治療例(上裏側/下表側・期間2年・20歳)

叢生の矯正治療のビフォーアフター

年齢・性別 20歳・女性
治療期間 2年
治療費 990,000円(税込)
治療のリスク 骨吸収、歯間空隙(ブラックトライアングル)
治療方法 非抜歯ケース 上裏側、下表側にブラケットを装着

歯のでこぼこ、見た目が気になると来院されました。矯正器具が見えることや費用の面を考慮し、上は裏側(インコグニート)、下は表側(セラミックブラケット、ホワイトワイヤー)を装着して矯正開始。

また、なるべく歯を抜きたくないとのことで非抜歯矯正を選択されたため、IPR(ディスキング)と歯列拡大を併用しました。上下前歯のでこぼこが改善されました。八重歯もきれいに治り、患者さんは満足されておりました。噛み合わせもよくなり、歯磨きもしやすくなったと喜んでおられました。

矯正歯科(裏側矯正・マウスピース矯正)のページはこちら>>

トップへ戻る