虫歯ってどうやってできるの?|品川区大崎駅|大崎スクエア歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

虫歯ってどうやってできるの?

投稿日:2021年10月7日

カテゴリ:院長ブログ

みなさま、初めまして!

大崎スクエア歯科・矯正歯科、院長の西岡です(^^)/

HP更新に伴い、ブログを始めることにしました。

 

突然ですがみなさま、どうやって虫歯ができるかご存知ですか(・ω・)?

今日はそのメカニズムについてご紹介したいと思います。

 

口の中には、虫歯菌がいます。


虫歯菌は糖分をエサにして、活発に活動をはじめます。

虫歯菌は、食べた糖を分解してプラークを作ります。



プラークがたまるとさらに虫歯菌が増殖します。

増えた虫歯菌は、糖を発酵させて酸を作り、この酸が歯を溶かしていきます(脱灰)。

この脱灰がすすむと歯に穴があいて虫歯になります。

    

 

みなさん、ご理解いただけたでしょうか?

虫歯、怖いですね(/ω\)

虫歯にならないようにするには汚れがたまらないようにすること。

すなわち、毎日の歯磨きがすごく大事ということです(・`д・´)

みなさん、たまには歯ブラシ指導やクリーニングに近くの歯医者さんに行ってみては?

 

今後も少しずつ歯の話していきます。

それではまた('ω')ノ

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る