歯ぎしりについてお話しします!|品川区大崎駅|大崎スクエア歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

歯ぎしりについてお話しします!

投稿日:2021年10月27日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

本日は「歯ぎしり」についてお話ししようと思います。

当院ではお口の中を見て、歯ぎしり、食いしばりをしていると考えられる患者さまにはナイトガードの作製をお勧めしています!

ナイトガードとは就寝時に装着する透明のマウスピースで、主に上の歯に装着します。

歯ぎしりや食いしばりは寝ている時に無意識に行われていて、主な原因はストレスといわれています。

人間の噛む力は自分の体重ぐらいですが、寝ている時は力をコントロール出来ないため、体重の何倍もの力がかかっているといわれています。

そのような大きな力が歯や顎にかかっていると考えると、心配になりますよね。

多くの方はご自身で歯ぎしりや食いしばりをしていると気づいていないようです。

  患者さまのお口の中を見て、歯ぎしりや食いしばりをしていると考えられる症状は以下のものがあります。

・歯がすり減っている

・歯がしみる

・歯茎が下がっている

・歯の根元がくさび状に欠けている

・歯にヒビが入っている

・歯が割れている

・詰め物がよく外れる

・歯周病 ・口が開けにくい ・口を開閉するときにカクっと音がする

・顎が痛い ・頬の内側や舌に歯の痕がついている ・下あごの内側や上あごに骨の膨らみ(骨隆起)がある 歯がすり減ったり、ヒビが入るとむし歯にもなりやすくなります。  

歯ぎしりや食いしばりは止めようと思って止めるのは難しいので、ナイトガードを装着して、歯や歯周組織や顎にかかる負担を軽減するのが良いと考えています。

ナイトガードは軟らかいものと硬いものがあり、どちらも保険適用です。歯ぎしりをしていると、ナイトガードがすり減ってきます。穴があいたら作り直しが必要となります! もし朝顎が疲れたり痛くなったりしている方は歯ぎしりをしている可能性があるのでご相談に来てくださいね☆★

トップへ戻る