歯磨きが虫歯予防の第一歩!フッ素配合歯磨きの効果とは?|品川区大崎駅の歯医者|大崎スクエア歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

歯磨きが虫歯予防の第一歩!フッ素配合歯磨きの効果とは?

投稿日:2022年6月27日

カテゴリ:スタッフブログ

歯磨きが虫歯予防の第一歩!フッ素配合歯磨き粉の効果とは?

フッ素配合歯磨き粉

「フッ素塗布」は子どもの虫歯予防対策で実施されることが多いですが、実は大人の虫歯予防にも有効です。現在では、市販の歯磨き粉にもフッ素が配合されていますので、毎日の歯磨きをきちんと行うことによって虫歯を効率良く予防することができます。

今回は虫歯予防に有効なフッ素(フッ素配合歯磨き粉)の効果についてお話したいと思います。

フッ素とは?

フッ素という言葉はよく耳にするものの、「フッ素って一体なんなの?」「身体に悪くないの?」と疑問や不安に思っている方もいらっしゃると思います。

フッ素とは、海水などの自然界にも存在するミネラルの一種です。身近なものでは、魚介類や海藻、お茶の歯などの食品にも含まれています。そのため、通常の使用においては身体に悪影響を及ぼす可能性はほとんどありません。

フッ素配合歯磨き粉の使用によって期待できる虫歯予防効果とは?

再石灰化を促進する

私たちの唾液には、虫歯菌の酸によって歯面から溶け出したカルシウムやリンを修復する働き(再石灰化)があります。フッ素はこの再石灰化を促進する効果があるため、歯が溶け出すのを抑制し、虫歯の悪化防止、初期虫歯の治癒が期待できます。

歯質を強化する

フッ素には歯質を強くし、虫歯菌の酸に溶けにくい歯にする働きがあります。乳歯や生え変わったばかりの永久歯は特に抵抗力が低いため、フッ素塗布やフッ素配合歯磨き粉を使用することによって虫歯への耐性を高めることができます。

細菌による酸・ネバネバする物質の生成を抑制する

フッ素が歯垢に入り込んで虫歯菌の働きを弱めることによって、歯を溶かす酸の生成を抑制します。さらに虫歯菌の栄養となる糖分の取り込みを防ぎ、歯面に菌が付着しやすくなるためのネバネバする物質の生成を抑制します。

大崎で虫歯予防・クリーニングなら大崎スクエア歯科・矯正歯科までお気軽にご相談ください。

 

トップへ戻る