歯茎の白いできものの原因と治療法について|品川区大崎駅の歯医者|大崎スクエア歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

歯茎の白いできものの原因と治療法について

投稿日:2022年3月30日

カテゴリ:スタッフブログ

歯茎にできる白いできものについて

歯茎にできる白いできもの

歯茎にニキビのような白いできものがある。通常はピンク色の歯茎が白っぽくなっているなど、歯磨きの際などに歯茎の異常を発見することがあります。今回は、歯茎にできる白いできものについて、原因や治療法などを解説致します。

歯茎が白くなる・歯茎に白いできものができる原因や治療法

口内炎

口内炎は歯茎の一部が白くなり、食事などの際に痛みを感じます。特に多いのが「アフタ性口内炎」というもので、自身の歯や歯ブラシ、食事による火傷などで歯茎を傷つけた際に雑菌が侵入して起こります。その他にもストレスや栄養の偏りなどでも口内炎ができますが、ほとんどの場合は数日~数週間で治ります。

症状がひどい場合には、歯科医院にてレーザー治療を受けたり、口内炎用の塗り薬を処方してもらいましょう。

歯の根の病気(根尖病変)

歯の根っこ周辺の歯茎にニキビのような白いできものがある場合は、歯の根の病気(根尖病変)が原因と思われます。虫歯が歯の根まで進行したり、根管治療(神経を取る処置)がきちんと行われていなかったりなど、歯根部分に細菌が感染することで起こります。

歯科医院にて当該歯の神経の治療を受け、症状を改善しましょう。

歯根の破折

歯の根にひびが入ったり、折れたりした場合には、その部分から細菌が侵入して炎症が起こり、歯茎が白く腫れてしまいます。過去に神経を抜いている歯や歯ぎしり・食いしばりなどの癖がある方は、歯根が破折する可能性が高いため、注意が必要です。

歯根の破折は、保存が難しいことが多く、抜歯と診断されることもあります。保存が可能な状態であれば、膿を摘出して必要な処置を受けましょう。

歯周病

歯周病が重症化すると、歯茎の腫れや歯茎からの出血に加え、歯周ポケット内の炎症によって歯茎に膿が溜まったできものができる場合があります。

歯科医院にて検査を行い、進行状態にあった歯周病治療を受けて症状の改善を図りましょう。重症化した歯周病は生活習慣などの改善も重要となります。担当の歯科医師・歯科衛生士と二人三脚で治療に取り組みましょう。

口腔カンジタ症

口腔カンジタ症は、体内に常時存在するカンジタ菌が繁殖することによって起こります。疲労やストレスなどで体の免疫が低下している際に発症しやすくなります。

基本的には害はありませんが、症状が長引く際は歯科医院にて検査を受け、お薬を処方してもらいましょう。

ウイルス感染症

手足口病やヘルパンギーナなどのウイルス感染症になると、お口の中に水疱ができる場合があります。ウイルス感染症が治癒することで、水疱などの症状もなくなります。

そのため、歯科医院にて行う処置はほとんどありませんが、症状が気になる場合は相談してみましょう。

貧血

貧血は血液中の赤血球やへモグロビンが不足することで起こります。貧血が進行すると、歯茎などの粘膜が白くなるなどの症状が見られます。

頻繁に貧血が起こる場合は、専門の医療機関で必要な治療を受けましょう。

栄養不足

お口の中の粘膜は、体の組織の中でも特に体調の状態によって影響を受けやすい特徴があります。そのため、栄養が不足している場合など、粘膜の再生速度に支障が出るため、歯茎が白っぽくなることがあります。

病気などによって低栄養になっている場合は、根本的な原因である病気の治療に努めましょう。一時的な栄養不足の場合は、バランスの良い食事を心がけ、きちんと栄養補給をしましょう。

症状が長期間続く場合は口腔がんの可能性も!

口内炎がなかなか治らない場合は、口腔がんの可能性も考えられます。口腔がんの多くは舌に腫瘍できる場合がほとんどですが、歯茎や頬の内側などにできる場合もあります。

口内炎が長期間確認できる場合は、一度検査を受けることをおすすめします。

トップへ戻る