矯正治療でよくある失敗例について|品川区大崎駅の歯医者|大崎スクエア歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

矯正治療でよくある失敗例について

投稿日:2022年4月13日

カテゴリ:スタッフブログ

矯正治療の失敗例について解説

矯正治療の失敗とその原因

歯並びや噛み合わせを改善する矯正治療は治療期間が長くなります。治療が進む中で「当初の治療計画と相違があった」、「気になる部分を残したまま治療が終了した」など、治療後に問題が生じることも少なくありません。

今回は矯正治療のよくある失敗例について解説したいと思います。

矯正治療でよくある失敗について

矯正治療でよくある失敗例についてご紹介します。

歯並びが良くならない・矯正期間が大幅に長引く

矯正治療を行っているのに歯並び・噛み合わせがなかなか改善されない。当初の治療計画よりも大幅に治療期間が長引いている。
※稀ではありますが、歯並びが改善していない状態で治療完了となる悪質なケースもあります。

前歯の歯の中心(正中)がずれている

歯並びはキレイに改善されたのに、前歯の歯の中心(正中)がずれているケースなどもあります。正中が合っていないと、左右のバランスが悪くなるため、顔の歪みや噛み合わせのずれによって顎関節症をはじめ、頭痛や肩こりなどを生じることがあります。

噛み合わせがさらに悪くなる

矯正治療後、以前よりも噛み合わせが悪くなったというケースもあります。

矯正治療後の歯の後戻り

矯正治療直後は歯が元の位置に戻ろうするため、理想の歯並び・噛み合わせを安定させるためには保定処置が必要となります。しかし、保定処置が適切に行われていない場合には、歯が後戻りをして歯並びや噛み合わせが再び悪くなってしまうことがあります。

顎関節症になった

矯正治療で噛み合わせが悪化し、顎骨への負担が大きくなったことで顎関節症を引き起こすケースもあります。

歯がグラグラと動くようになった

矯正治療は骨の吸収と形成を繰り返しながら、少しずつ歯を移動させていきます。そのため、歯を支える骨がきちんと形成されなかった場合は、矯正治療後に歯がグラグラと動くようになることもあります。

虫歯になった・虫歯が悪化した

取り外しができない矯正装置の場合は、装置の周辺に汚れが蓄積しやすく、さらに歯磨きがしづらくなるため、虫歯リスクが高くなります。矯正治療中にきちんとケアが行われていないと、虫歯になったり、元々あった虫歯が悪化したりする場合があります。

抜く必要のない歯を抜かれた

矯正治療では、歯の移動に必要なスペースを得るために抜歯することも少なくありません。しかし、矯正治療で抜歯が必要となった際、本来は抜く必要のない歯を誤って抜かれてしまったというケースも少なくありません。

矯正治療では歯が綺麗に揃っていても、上記のように機能面がきちんと伴っていないケースや治療後に問題が生じるケースもあります。矯正治療で失敗しないためには、信頼できる歯科医師・歯科医院を選ぶことが重要といえます。

矯正歯科(裏側矯正・マウスピース矯正)ページ>>

トップへ戻る