乳歯(子供の歯)の虫歯を治療しないことで生じる問題とは?|品川区大崎駅の歯医者|大崎スクエア歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

乳歯(子供の歯)の虫歯を治療しないことで生じる問題とは?

投稿日:2022年9月20日

カテゴリ:スタッフブログ

乳歯(子供の歯)の虫歯を治療しないことで生じる問題について

乳歯(子供の歯)の虫歯

乳歯(子供の歯)は成長の過程で永久歯(大人の歯)に生え変わります。そのため、乳歯の虫歯については「いずれ生え変わる歯だから」という気持ちからか軽視される傾向があります。しかし、いずれ生え変わる歯だからといってそのままにしておくと、乳歯はもちろんですが、生え変わる永久歯にも悪影響が及ぶ可能性があります。

今回のブログでは、乳歯(子供の歯)の虫歯を治療しないことで生じる問題についてお話したいと思います。

乳歯の虫歯は自覚症状がでにくく・・・進行が早い

乳歯は未成熟な歯です。永久歯に比べて虫歯菌への抵抗力が低いため、虫歯リスクが高く、さらに虫歯になった際の進行も早いです。また、歯の変色や痛みなどの自覚症状が現れるケースも少なく、ある程度進行してから痛みを感じるなどの特徴があります。

乳歯については毎日のケアをはじめ、定期的に歯科検診を受け、虫歯予防に取り組むことが重要です。

乳歯の虫歯を治療しないことで生じる問題

永久歯の変色・歯質の悪化

乳歯が虫歯になると、進行が早いため、短い期間で歯の神経にまで感染する可能性が高いです。神経にまで進行した状態で放置すると、歯根周辺に膿が溜まり、その影響で永久歯が変色したり、歯質が悪化したりする場合があります。

永久歯の歯並びが悪くなる

乳歯の虫歯が重症化すると、永久歯が生え変わる適正期間よりも先に抜歯をしなければならない可能性があります。永久歯が生えるまでに歯がない状態が長い時間続くと、空いたスペースに周囲の歯が倒れ込んでしまうため、永久歯の歯並びが悪くなる可能性があります。

顎骨が正常に発達しない

乳歯の虫歯が重症化すると、その歯をできるだけ使わないように反対側の歯ばかりで噛むようになります。そうすると、使用頻度の低い方の顎骨が正常に発達しないなどの問題が生じ、顔が歪んだり、咬み合わせが悪くなったりする可能性があります。

永久歯が虫歯になりやすくなる

乳歯の虫歯が多い場合は、口腔内に虫歯菌が多い状態ですので永久歯に生え変わってからも虫歯になりやすいことが予想されます。

永久歯が生えなかった時に困る

通常、乳歯は時期が来ると永久歯に生え変わりますが、10人に1人は生まれつき永久歯の数が足りないケースというのがあります。そのような場合は、本来、乳歯が永久歯に生え変わる時期に生え変わらないため、そのまま乳歯で生活しなければなりません。

例えば、乳歯の虫歯を放置してしまい、万が一抜歯となった部分の永久歯がない場合は、入れ歯やブリッジなどで歯の機能を補う必要があります。乳歯が健康な状態で維持できた場合であっても、30代位になると、少しずつ歯根が吸収されて抜け落ちてしまいますが、幼少期からブリッジや入れ歯を使用していると、残存歯にも負担が大きく、将来的な抜歯リスクも高くなるため、あまりおすすめできません。

乳歯は生え変わりますが、虫歯を放置すると、上記のような様々な問題を引き起こす可能性があります。まずは日々のケアと定期検診をきちんと受け、虫歯予防に取り組みことが重要です。また、虫歯になった際は、放置せず、できるだけ早めに治療をしましょう。

小児歯科・小児矯正ページ>>

予防歯科診療・クリーニングページ>>

大崎で小児の予防、虫歯治療なら大崎スクエア歯科・矯正歯科までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る