矯正治療は痛い?矯正治療に伴う痛みの原因とは?|品川区大崎駅の歯医者|大崎スクエア歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

矯正治療は痛い?矯正治療に伴う痛みの原因とは?

投稿日:2022年5月12日

カテゴリ:スタッフブログ

矯正治療時に伴う痛みの原因について

矯正治療時に感じる痛み

矯正治療=痛いというイメージが強く、なかなか治療への一歩が踏み出せないという方もいるのではないでしょうか。実際、矯正治療では個人差もありますが、多少の痛みを伴うことがあります。

今回は、矯正治療時に伴う痛みの原因についてお話したいと思います。

矯正治療に伴う痛みの原因とは?

矯正装置の装着や調整時の痛み

矯正装置の装着時、調整時に痛みを感じる場合があります。特に初めて矯正装置を装着した際や調整後の数日間は違和感や鈍痛を強く感じやすいです。

歯が動く時の痛み

矯正治療は装置によって歯に力を加え、歯を支える骨が吸収・再生を繰り返すことによって歯を少しずつ動かしていきます。歯の移動時、骨吸収の際に多少の痛みを伴います。

ものを噛む時の痛み

矯正治療の開始時や装置の調整後すぐは食事の際に痛みを感じる場合があり、慣れるまでは固い物をしっかり噛めないなど、通常の食事が難しいこともあります。

炎症(口内炎)による痛み

矯正治療中は、矯正装置が粘膜を刺激して口内炎ができたり、装置の周辺に溜まった汚れに細菌が繁殖して炎症が起こったりするため、それらによって痛みを感じることがあります。

血流の低下による痛み

歯を動かす時には、血管や神経などの歯周組織が引き伸ばされるため、血流が低下することがあります。血流が低下すると、血中に老廃物などが溜まってしまい、一時的に痛みを感じることがあります。

矯正装置の接触による痛み

ブラケットやワイヤーを使用する場合は、装置が粘膜に接触して痛みを感じることがあります。また、楽器を演奏する際に装置が唇に触れたり、運動時に衝突してお口の中を傷つけたりすることによって痛みを伴います。

抜歯の痛み

矯正治療では、歯の移動が行えるスペースを得るために抜歯することもあり、抜歯した箇所が治癒するまでの間は多少の痛みを感じる場合があります。

矯正治療の際に感じる主な痛みについては上記の通りです。痛みについては症例や個人差によって異なりますが、一時的なものですので不安に思うことはありません。また、少しでも痛みを緩和するために様々な対策も実施しております。

大崎で歯並び・噛み合わせの改善をご希望の方は、ぜひ大崎スクエア歯科・矯正歯科までお気軽にご相談ください。

矯正歯科(裏側矯正・マウスピース矯正)ページ>>

トップへ戻る