歯科医院で行う歯のクリーニングのメリットとデメリット|品川区大崎駅の歯医者|大崎スクエア歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

大崎スクエア

保育士つきのキッズコーナー

日本矯正歯科学会認定医

山手線「大崎駅」新東口 徒歩4分/ 東京都品川区北品川5-4-14 4F

歯科医院で行う歯のクリーニングのメリットとデメリット

投稿日:2022年3月10日

カテゴリ:スタッフブログ

歯科医院で行う歯のクリーニングのメリットとデメリットについて

歯科医院で行う歯のクリーニング

今回は前回のブログ(歯のクリーニングの種類と注意点>>)に引き続き、歯のクリーニングについてお話しようと思います。今回は歯科医院で行う歯のクリーニングのメリットとデメリットについてご紹介いたします。日々のセルフケアだけでなく、歯のクリーニングの重要性を感じていただければ幸いです。

歯科医院で行う歯のクリーニングのメリット

歯石を取り除くことができる

歯科医院で行う歯のクリーニングでは、歯ブラシでは落とせない歯石を取り除くことができます。歯石は虫歯や歯周病の原因となるため、お口の健康維持、歯を失わないためには定期的に取り除く必要があります。

バイオフィルムを取り除ける

お口の中にはバイオフィルムという細菌の塊が存在します。バイオフィルムは、歯石と同じように歯磨きでは落とすことができない頑固な汚れですが、歯科医院で行う歯のクリーニングで取り除くことができます。バイオフィルムも歯石同様に虫歯・歯周病などの歯科疾患、口腔内のトラブルの原因となるため、定期的に取り除くことをおすすめします。

本来の歯の色を取り戻せる

歯のクリーニングを行うことで歯の表面に付着したステインなどの色素を取り除くことができます。ホワイトニングのように歯を白くすることはできませんが、日々の歯磨きでは落とせない汚れや色素を落とし、歯本来の色を取り戻すことができます。

お口の中の細菌が減る

歯の表面や歯間などに付着した汚れを取り除くことによって、お口の中の細菌の数を減らすことができます。細菌の数を減らすことで、虫歯や歯周病の予防はもちろん、症状の悪化防止が期待できます。

口臭の発生を抑制できる

口臭はお口の中の細菌や食べかすが原因で起こります。歯のクリーニングでお口の中を清潔にすることによって、口臭の発生を抑えることができます。

歯科医院で行う歯のクリーニングのデメリット

歯のクリーニングについては、基本的にデメリットはありません。しいてあげるとすれば、クリーニング直後は色素が付着しやすくなっているため、食事等を気をつける必要があります。クリーニング後は、コーヒーやお茶、ワイン、カレーなど色素が濃い飲食物は控えるようにしましょう。

予防歯科診療・クリーニングページ>>

トップへ戻る